親が子供の結婚式に出る場合

和装が基本のようになっているが

親が子供の結婚式に出る場合は、和装が基本のようになっています。しかし、これは決められているわけではありません。和装でも洋装でもいいです。ただ、新郎新婦の衣装と合わせないといけません。新郎新婦が和装の場合は、両親も和装で臨むことです。また、格も合わせる必要があります。新郎新婦がカジュアルな衣装なのに、両親が正礼装ではいけません。また、両親は本人たちよりも華美にならないように気をつける必要があります。

結婚式の雰囲気も考慮しましょう

両親の服装は、結婚式の雰囲気も考慮して選ばなくてはいけません。父親の場合、昼間はモーニングコート、夕方はタキシードを着るのが一般的です。しかし、若い人が中心のカジュアルな結婚式の場合は、ディレクターズスーツでいいでしょう。新郎と同じ服装になる場合は、ネクタイやベストなどで変化をつけることです。母親の場合、黒留袖を着るのが無難です。しかし、最近は洋装の母親が増えてきました。着るのが簡単だからでしょう。

親が着る衣装もレンタルできる

格調の高い結婚式の場合は、正礼装であるロングドレスを選ぶことです。カジュアルな結婚式の場合は、セミドレスで問題ないでしょう。今では黒のドレスを着るのが普通になりましたが、黒でないといけないと言うわけではありません。黒を選ぶと顔映りがよくないです。ベージュやシルバーグレーのドレスなら、顔映りもよくて明るい感じになります。ちなみに、親が着る衣装もレンタルできます。ウエディングドレスだけではありません。

太田での結婚式場は、リーズナブルな価格で結婚式ができます。交通にも便利なところや、送迎バスもあります。