少人数の結婚式のメリットとは

通常の結婚式より費用が安い

近年では少人数の結婚式にするカップルが増加傾向にありますが、その大きな理由の一つがゲストが少ない方が費用が安く済むからです。結婚式にはご祝儀の問題が絡んでくるのでゲストが多いほど黒字になるケースもありますが、通常はゲストが少ないほど費用は安くなるので総合的に出費は少なくなります。平均的な結婚式費用の相場は300〜350万円程度とされていますが、少人数の結婚式なら費用を30万円以内に抑えることも可能です。もちろん式場やプランによって費用は大きく変わるので、費用をなるべく抑えたい場合はこれらをよく検討することが大切です。

結婚式のための準備が楽

結婚式を挙げるためにはゲストのリストアップや席次決め、招待状や引き出物の用意など様々な準備をする必要があるので平均すると半年、ゲストが多い場合は1年も前から準備を始めなければいけません。そのため、カップルが共働きの場合は準備のために休日がほとんどつぶれてしまうこともあります。しかし、少人数の結婚式なら3ヶ月もあれば余裕を持ってこれらの準備をすることができます。また、時間に余裕ができるのでドレス選びやウェルカムグッズの作成などに時間をかけられるというのも大きなメリットです。

自分たちの思い通りの結婚式にできる

少人数の結婚式は自分たちの思い通りの結婚式にできるというメリットもあります。ゲストは自分たちと親しい人ばかりなので余計な気を使わないで済みますし、一人一人と歓談したり写真を撮る時間がたっぷりととれます。また、どのような式にするかをゲストと話し合って決めることができるので望んでいない演出や余興をされなくて済むというメリットもあります。それに、ゲストが少なければ相手の好みに合わせて一人一人に違う引き出物を用意することもできます。

結婚式なら親族のみで挙げると安く式を挙げることができます。招待状などもないため、通常の結婚式より安く見積もりを出すことができます。