どこで作る?結婚指輪はフルオーダーの時代!?

結婚にはかかせないアイテム

結婚式の花の舞台と言えば、指輪をはめてからの誓いのキスですね。参列者がとても注目する場面です。他の人に結婚指輪が一番注目される場面ではないでしょうか。しかし、デザインまでまじまじと見るなんてことしないですよね。それでもやはり結婚指輪には大きな力があるのでしょうか。みなさん絶対に妥協していない部分に感じられます。技術の進歩からか、素材や技術など昔と比べるとがらっと変化しています。その分値段がお手頃価格のものも増えてきています。

「世界に一つ」という魅力

フルオーダーですと、「世界に一つ」のものになります。やはり結婚式という大きな舞台にはとても輝く言葉ですね。私の友人にフルオーダーを承っている職人がいるのですが、どのカップルも「自分たちの色」を出すために様々な注文があるといいます。話を聞いて、それに近づくようにデザイン案を出していくのだそうですが、職人では発想もしないようなすばらしいアイデアが入ってくることもあるそうです。結婚指輪もある意味一つの誓いなのでしょうね。

各社が各々の色を出しての競争

フルオーダーと言っても、やはり得意分野があるようです。金属に木目を出させたらうちが一番ですよ!とかキャラクターデザインならうちですよ!など、それぞれが色を出し合っての競争をしているようです。何件も周るカップルもいれば、ネットだけで決めてくるカップルもいるそうです。あと、紹介でもけっこう多いみたいです。作ってもらった人は気持ちがいいので、紹介したくなりますしね。結婚指輪は価格競争よりも得意分野競争が激化していきそうですね。

結婚指輪を上手く選ぶには、販売実績の豊富なジュエリーショップの定番のアイテムのサイズや絵柄などに目を向けることがコツです。